在籍確認なし、電話連絡なしで借りれるカードローンはあるの?

周りに内緒でお金を借りたいという人なら、在籍確認なし、電話連絡なしのカードローンを選びたいでしょう。実際のところ、誰にもバレないカードローンはあるのでしょうか?ここでは、カードローンで避けては通れない在籍確認について説明します。

在籍確認とは?

カードローンに申し込みをすれば、審査の段階で必ず在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込者が申込時に申告した勤務先に本当に勤めているのかをカードローン会社側が確認する作業になります。

申込者が勤務先を申し込みフォームや申込書に記入して自己申告するだけなら、虚偽の申告も可能になってしまいます。申込者の申告が虚偽でないことを確認するために、カードローン会社による在籍確認が行われることになります。

カードローンの審査では、申込者に返済能力があるかどうかが最も重要な事項になります。カードローンを申し込むためには安定した収入があることが条件になりますが、これは、安定した収入があれば返済能力があると考えられるからです。

会社などに雇用されて勤務していれば、毎月安定した給与がもらえるはずですから、返済能力があるということになります。つまり、申込者の勤務先の情報というのは非常に重要ですから、カードローン会社も、勤務先についてはしっかり裏付けをとるのです。

なお、申込者の勤務先の情報は、過去にクレジットやローンを利用していれば、信用情報機関にも登録されています。しかし、信用情報機関の情報は最新でないこともあります。そもそも、会社というのはその気になればいつでも退職できますから、現時点で在籍しているかどうかを改めて確認する必要があるのです。

在籍確認はどうやって行われるの?

在籍確認は、申込者が現時点で申し込みフォーム等に記載した勤務先に在籍しているかどうかを確かめるために行われます。申込者が毎月きちんと給料をもらえる状況であることの裏付けをとるために、在籍確認が行われます。

カードローンの審査では、まず、申し込みフォームに記載された内容にもとづき、コンピュータによる自動審査が行われます。さらに、コンピュータネットワークを通じて、信用情報機関に情報照会する作業が行われます。ここまでの段階で融資に問題がないと判断されれば、申込者本人のところに、意思確認の電話がかかってきます。

意思確認がすんだら、申込者は本人確認書類を提出します。そして、審査の最終段階で、電話による在籍確認が行われます。他の審査ですべてOKとなってから在籍確認が行われることになりますから、在籍確認さえとれれば審査に通過することになります。

在籍確認の際には、スタッフが申込者それぞれの勤務先に電話をかけることになりますから、在籍確認というのは非常に手間がかかる作業になります。ですから、審査に通過するのがほぼ確実になった段階で、在籍確認が行われるのです。

在籍確認は、原則的に電話で行われることになります。在籍確認の方法については、次のようになっています。

在籍確認の担当者は何て名乗るの?

在籍確認では、カードローン会社の担当者が会社名を名乗ることは通常はありません。担当者の個人名で電話をかけてきます。

なお、銀行カードローンの場合には、個人名ではなく、銀行名を名乗るケースもあります。銀行では借金をする人ばかりではありませんので、銀行名を名乗っても申込者が不審に思われることは少ないからです。

在籍確認の電話では、これと言って何かを聞かれるわけではありません。その会社にいることさえわかればOKですから、電話に出ることができたら基本的にはそれで終わりです。

通常は、電話に出たら「○○さんでしょうか?」と聞かれると思いますから、これに対して「はい。」と答えれば良いということになります。ただし、業者によっては、本人確認のため、生年月日や住所などを聞くケースもあります。

在籍確認は本人不在でも大丈夫?

在籍確認では、本人が電話に出なくても、確認がとれれば終了となります。たとえば、電話に出た人が「○○は只今外出しております。」と答えれば、本人がその会社に在籍していることはわかりますから、在籍確認終了となります。

電話に出た人とのやりとりにはいろいろなパターンが考えられますから、在籍確認がとれたかどうかは、実際には電話をかけた担当者の判断になります。

在籍確認では、カードローン会社の担当者は、個人名で電話をかけてきます。本人が不在の場合でも、担当者が用件を他の人に伝えることはありません。

ですから、在籍確認の電話がかかってきたからと言って、カードローン利用がバレることは通常はありません。

ただし、職場によっては、不審に思われる可能性がないとは言えません。たとえば、普段外部からの電話がほとんどかかってこないような職場もあると思います。

また、今は誰もが携帯を持っていますから、個人名で会社にかけてくるというのはかえって不自然に思われるかもしれません。
心配な場合には、事前にカードローン会社に相談すると対応を考えてくれることがあります。

在籍確認なしが可能な書類送付のメリットとデメリット

原則的に電話で行われる在籍確認ですが、例外的に書類送付による在籍確認を行ってくれるケースもあります。この場合には、会社の保険証、社員証、給与明細など、その会社で働いていることがわかる書類を送付することになります。

土日など会社が休みの日には、会社に電話をかけても誰も出ませんから、在籍確認ができないことになります。土日にカードローンを申し込んだ場合には、在籍確認がとれないために、休み明けまで融資が受けられないということがあります。

書類送付による在籍確認なら、土日にも審査が可能になります。土日も即日融資を受けられる可能性がありますから、急いでいるときには非常に助かります。

在籍確認書類は、本人確認書類等と同様、写真に撮って送信することになります。なお、写真撮影するときには、文字がはっきり見えるように撮らなければなりません。また、給与明細などは、会社名だけでなく、社印が押してあることが必要な場合もあります。

会社に在籍確認の電話がかかってきたとき、自分が直接電話をとったら、周りに不審に思われる可能性が低くなります。こうしたことから、あらかじめ電話の時間を指定できないかと考える人も多いと思います。

在籍確認というのはそもそも手間がかかります。たくさんの申し込みを迅速に処理しなければならないカードローン会社では、在籍確認についての細かい時間指定の要望になかなか応じられないのが実情です。しかし、申込状況などによっては、対応してもらえる可能性もありますから、まずは相談してみましょう。

会社に怪しまれないために、親族の名前や特定の会社名を名乗ってほしいと考えることもあるでしょう。しかし、偽名や嘘の会社名を名乗ることには、基本的には応じてもらえません。

「銀行名でなく個人名にしてほしい」「女性でなく男性にかけてほしい」などの要望は聞いてもらえる可能性がありますので、相談してみましょう。

高額の借り入れは電話連絡になるケースが多いので注意

上に書いたとおり、電話による在籍確認ではなく、書類を送付することによって在籍確認を行ってもらえるケースもあります。

ただし、書類による在籍確認が可能なのは、通常は50万円以下の少額の融資になります。高額の融資を希望する場合には、審査も厳格になりますから、電話による在籍確認が必須となります。

銀行カードローンでは、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。

ただし、銀行では信用が第一になりますから、返済能力の怪しい人には簡単にお金を貸してくれません。銀行カードローンの審査というのは、消費者金融よりも厳しい基準で行われます。

消費者金融では、電話の代わりに書類で在籍確認をしてくれる場合がありますが、銀行ではこうした対応は期待できません。銀行カードローンでは、原則どおり電話による在籍確認があると思っておいた方が良いでしょう。

なお、銀行の場合には、銀行名を名乗ってもさほど不審に思われないため、在籍確認の電話は銀行名でかけてくることが多くなっています。

在籍確認なしで借りれるおすすめのカードローン

モビットでは、電話連絡なし、郵送物なしのWEB完結を採用しており、WEB完結で申し込めば、書類による在籍確認を行ってもらえます。モビットでWEB完結申込した場合には、保険証により在籍確認を行います。

全国健康保険協会の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っている人であれば、それにより在籍確認をしてもらえます。なお、モビットのWEB完結を申し込むには、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座も必要になります。

アイフルのキャッシングローンは、来店不要でインターネットから申し込みができ、振込による即日融資も可能です。
アイフルでは原則として電話による在籍確認が行われますが、申し込み後、フリーダイヤルに電話して相談すれば、書類による在籍確認に代えてもらえることがあります。

カードローンでお金を借りるときには、原則として勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認なしのカードローンはありませんが、電話連絡なしで書類提出に代えてもらえるカードローンはあります。

誰にもバレないカードローンを選びたいなら、電話連絡なしのカードローンがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ