MENU

家族や勤務先にばれずに借りるには。

お金が急に必要になることってありますよね。そんなとき、すぐにお金が借りられる手段としてキャッシングやカードローンの利用を考える方もいらっしゃると思います。借りる理由や事情はそれぞれ違うと思いますが、できれば周りの人には知られずに借入したいと考える人も多いはず。誰にもばれずに即日キャッシングをすることはできるのでしょうか?

家族や勤務先にばれないでキャッシングするには

お金を借りる理由はどうあれ、あまり人には知られたくないという心理は誰でも持っているものです。結論から言うと100%ではありませんが、ほとんどの場合は知られずに借入することはできると言えます。しかし、ばれないようにキャッシングするには借入方法やキャッシング申し込みの方法を工夫する必要があります。こばれないでキャッシングするために気をつけるポイントを見ていきましょう。

ばれないキャッシングを成功させるに当たり、気をつけるポイントは3点。
1.在籍確認の方法
2.申し込み時の設定
3.キャッシング先の選択

ばれないキャッシング方法でも在籍確認はあります
お金を借りる際に必ずあるのが「在籍確認」です。在籍確認は義務付けられているので避けることはできません。多くの会社は電話で在籍確認を行いますが、プライバシーに配慮して行っているので個人名で勤務先に電話を掛けるのが一般的です。ですからそんなに心配する必要はないと思いますが、なかには「個人名でも困る」という方もいらっしゃいますよね。そうした場合には、電話確認の変わりに書類提出で在籍確認と認めてくれるところもありますので探してみるのもひとつの手段でしょう。どこでも書類でOKしてくれるという訳ではありませんし、書類でOKと言っても審査の過程で「電話確認が必要」と判断される場合もありますので、借入しようと考えているところに確認は必要です。

ばれない為には申し込みのときの設定が大事!
基本的には自宅に電話がくることはありません。ただ連絡先に固定電話の番号を書いていたり自営で自宅が仕事場だったりすると、当然ながら自宅に電話が掛かってきます。それを避ける方法としては、連絡先に携帯電話の番号を記入すること、自営業の場合は全ての手続きをネット上で完結できる借入先を選ぶことで電話連絡がくる可能性を無くすことができますね。全ての手続きをネットでするWEB完結だと、自営業の方に限らず周囲の人に気付かれる可能性は低いと言えます。
郵送物で考えられるのは契約書・カード・明細書などです。これらもWEB完結で郵送物無のところを選ぶ、無人契約機を利用するといった方法で避けることが可能になりますね。

ばれない為には借入先を間違えない
在籍確認の方法や郵送物の有無などのポイントを挙げてきましたが、これらのばれない為のポイントを確実にこなせるキャッシング先を選ばないと意味がありません。
例えば在籍確認について。
在籍確認は書類で行うことで家族や職場にばれないでキャッシングが可能だとお伝えしました。しかし、書類での在籍確認を行っている金融業者は貸金業者の全てではありません。あなたが電話での在籍確認で職場から疑われるのをかわす手段がからいいというのであれば、わざわざ書類提出の在籍確認を採用している業者を選ぶ必要はありません。しかし、どうしても在籍確認は書類で行ってほしいと言うのであれば、書類での在籍確認をしている貸金業者を選ばなければならないんです。

ばれないキャッシングはばれても良いキャッシングよりも気を使うものです。ばれないようにするなら、借入先を間違えないようにしましょう。

収入証明書の有無でばれにくさが変わります


周囲の人には気付かれないように借入する方法についてご紹介してきました。そしてもう1つ注意して欲しいポイントとして、即日キャッシング・即日カードローンを利用して比較的高額な借入を考えている場合に気を付けて欲しい収入証明書についてお伝えしますね。

消費者金融と銀行では収入証明書の必要な借入金額が違う
借入したいと考えている金額が大きいと自身の収入を証明するものが必要になります。収入証明書として早く準備できそうなものは、源泉徴収票(手元に残っていれば)、給与明細書(大抵は複数ヶ月分が必要)、課税証明書(役所の営業時間内・自営業でも使用できる)、確定申告書(自営業の方)などです。消費者金融だと「借入額が50万円以上、もしくは他社との借入の総額が100万円以上」の場合は収入証明書が必要です。銀行カードローンだと消費者金融に比べて金額は大きく「100万円〜300万円以上」で収入証明書が必要になります。幅があるのは各銀行によって設定金額が違うためです。ですから、即日で比較的高額の借入を考えており収入証明書が不要な借入先は銀行カードローンということになりますね。

ばれない方法で借りても注意が必要


これは個人的な事情などもあることなので全てにおいて言えることではないかもしれません。しかし友人・知人・同僚などは別にしても、家族に内緒にするのは後々のことを考えてもあまりお勧めではないということを付け加えておきます。お伝えした方法で知られずに借入可能だとしても、例えば支払いが遅れると必ず自宅に連絡が入りますし(これは避けられません!)、ローンカードが見つかったり通帳に明細を記帳していて見られたりする可能性もありますよね。そのときにご家族と揉めるようなことはないようにした方が良いと考えるからです。そうした点も考慮した上で借入について検討していただければと思います。