MENU

個人事業主や自営業者がお金を借りるにはどうしたら良い?

現在は自営業やいわゆる個人事業主としてお仕事をされている人も増えています。また独立して働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。自分で事業を始めるとなると初期費用や運転資金にある程度のまとまったお金が必要です。そういう意味では、お給料をもらって働く会社員・サラリーマンよりも突発的にお金が必要になる可能性も高いですよね。そんな自営業の方は即日キャッシング・即日カードローンを利用したい機会も多いはずです。ここでは自営業の方が即日キャッシング・即日カードローンを利用できるのかについてご紹介していきます。

自営業即日融資のカードローンは利用可能?

自営業の方でも即日で借入をすることは可能です。ただしどこからでも借入できるという訳ではありません。個人事業主がお金を借りるのは自営業でも会社員でも同じですが、借りるための条件や審査などには違いがあります。

消費者金融からの借入と銀行からの借入
お金を借りるところとしてすぐに頭に浮かぶのは、消費者金融・銀行などではないでしょうか。この2つの業者に関して自営業の方への貸付について大きな違いが挙げられます。自営業の方は「自分で仕事を運営している個人」です。そう言う意味では、家族で事業をしている方も、自身で事務所を立ち上げて運営している弁護士も同じ、ということになります。そこで重要になるのが「借りたお金をどんな目的で利用するのか」という部分です。ただの「個人」として「私的に借りたい」のか、「個人事業主」として「仕事のために借りたい」のかで借入の条件や審査のハードルが変わってきます。
自営業・個人事業主として営業目的に即日でカードローンを利用したいという場合は、消費者金融から借入することは出来ても銀行から借入することは出来ません。これは銀行カードローンには「営業目的の借入をすることができない」という制限があるためです。一方の消費者金融には基本的にそうした制限はありません。ただ、審査条件は各業者によって違いがあり、一部の消費者金融では銀行カードローンのように制限を設けているところもあるようなので確認が必要です。

営業目的の借入でなければ銀行からの即日キャッシング・即日カードローンも可能
先に述べたように営業目的では銀行カードローンの利用は出来ませんが、旅行や生活費といった理由で借りるのであれば話は別です。なぜなら会社員が旅行や生活費のために借りるのと同じ使用用途になるからです。ただ、申込みは出来ても審査に通るかどうかは別になります。会社員と違ってお給料で生活している訳ではありませんので、継続して安定した収入があるとは見なされづらいのです。「先々の返済がきちんとできるのか」そういう意味では自営業の場合は収入が不安定と判断されることが多いため、残念ながら審査が厳しくなるのは仕方がないことだと言えるでしょう。

事業用キャッシングならビジネス用のカードローンがおすすめ!

ビジネスローンというと銀行に審査を依頼して何週間、何ヶ月と待たされるようなイメージがありますよね。でも、ビジネス用のカードローンならそんな心配はありません。最短60分で審査が完了。翌日には借入が可能になったりもします。
また、ビジネス用のカードローンには総量規制の対象外。事業資金としてお金を借りるのですから、総量規制に引っかかってしまっては話しになりません。無担保・保証人ナシ・最短即日審査で手軽に利用できるビジネス用のカードローン。事業資金のキャッシングが銀行でできなくて困っている方におすすめです。


個人事業主の即日キャッシングで注意すること

ここまでご紹介したように、即日キャッシング・即日カードローンは自営業の方でも利用できますが、いろいろな意味で審査のハードルが高いイメージがあるということがわかっていただけたかと思います。そこで注意して欲しいことが出てきます。「嘘の申告はしない!」ということ。消費者金融の方が銀行より金利は高めですよね。先々の返済のことを考えると「金利の安い銀行カードローンから借りたい」と思うのは心理的に言っても当然のことだと思います。だからと言って、本当は営業目的で借入するのに違う理由で申告をするのは契約違反と同じです!また年収などを偽って申告することも自身にとってはマイナスにしかなりません。自分の信用情報に傷が付くだけでなくブラックリストに載ってしまう可能性もあり、リスクが大きいのだということを忘れないで下さい。

個人事業主向けのキャッシングやローンもある

即日が優先条件であれば、消費者金融や信販会社のビジネスローンの方が良いでしょう。銀行にもビジネスローンはあり低金利で融資可能額も高めですが、審査条件は厳しいところが多く、法人格でないと申込み出来ない場合もあるからです。消費者金融のビジネスローンは金利が高めで融資可能額は低めですが、審査の通りやすさや融資のスピード、申込み方法の多様性がメリットと言えます。
参考までにご紹介したいのは公的機関の融資制度です。公的機関の融資制度については、即日での融資は難しいことを、まずお伝えしておきます。低金利ですが提出書類の準備や審査に時間がかかるからです。ただ即日キャッシング・即日カードローンにこだわらないのであれば、検討の価値はあると思います。

個人事業主の即日キャッシングのまとめ


それぞれの業者によって特徴は様々ですが、やはり即日を優先するなら消費者金融が審査に通りやすいと言えます。しかし、重要なのは借入の後には返済があるということ。計画性がなければ、急場はしのげてもまた同じように困る状態に陥る可能性が高いからです。仮に消費者金融ではなく銀行や公的機関の融資制度を利用するにしても、計画性が重要だという事に変わりはありません。自営業で頑張っているからこそ、差し迫った状況になると焦りが出てしまうということもあると思います。そんなときほど大変でも一呼吸おいてみて下さい。しっかりと後々のことを考え、どこから借入しどう返済していくのかを検討していただければと思います。