MENU

主婦や専業主婦がお金を借りるにはどうすればいいの?

急な出費でお金が必要になることはよくありますよね。予定外の出来事でお金を借りたいと思うのは、働いていても無職でも専業主婦でも同じですよね。ここでは、無職や専業主婦でも即日キャッシング・即日カードローンが出来るかどうかについて触れていきます。

主婦におすすめなキャッシング先

パート主婦・専業主婦問わず、主婦に人気のキャッシング先は銀行カードローン。総量規制を気にしないでよいところと、銀行カードローンならではの低金利が人気の秘密です。銀行に行って来ると言えばばれることなく手軽に借入・返済が可能なところも嬉しい点です。そんな主婦に特に人気のカードローンはこれ!

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

金利 限度額 専業主婦利用
1.8%〜14.6% 500万円 OK!
専業主婦に特に人気のバンクイックは申込から借入まで最短40分での利用が可能。専業主婦は配偶者の同意書がいらず30万円までの借入ができるため、ちょっとした入用に利用する主婦の方が多いです。金利も銀行カードローンなので低い設定になっており、主婦のキャッシングには特に人気のカードローンです。どこでキャッシングをしたらいいのか分からないという方にはバンクイックがおすすめ!

主婦の即日キャッシングに銀行カードローンがおすすめな理由

主婦の即日キャッシングで銀行カードローンがおすすめな理由は3つあります。
1.ばれるリスクが少ない
2.金利が低く借りれる
3.専業主婦でも利用できる

銀行で即日キャッシングをする場合、web申し込みを済ませて銀行へ行くことで借り入れを済ませることが可能です。主婦である以上銀行に行く用事ができるのは当たり前。周りの目を気にすることなく借入をすることが可能です。また、カードローンによっては今もっている銀行口座に直接振り込んでくれるところやキャッシュカードにキャッシング機能をつけることができるところもあります。即日キャッシング可能でばれるリスクを減らすなら銀行カードローンでの即日キャッシングがおすすめです。

さらには銀行カードローンでの借入になるので、負担する金利が低くなります。パート主婦でお金を借りるにしても、専業主婦にでお金を借りるにしても借りれる金額は微々たる物となってしまいます。その為、当然負担する金利は貸金業者が設定する最高金利。金利負担が多くなればなるほど返済に苦しむことになるので、低金利の銀行カードローンでの即日キャッシングがおすすめなんです。

最後に専業主婦が利用できる点。
消費者金融では収入のない無職の方は借入することができません。なので、必然的に借入先は銀行カードローンに。
パート主婦なら消費者金融での借入をすることもできますが、消費者金融では年収の1/3までの借入しかできないので、望んだ金額の借入ができない場合もあります。専業主婦でもパート主婦でも、望んだ金額を借りるのであれば銀行カードローンがおすすめです。

無職の専業主婦でも即日でお金を借りれる?

専業主婦は収入のない無職の状態です。キャッシング利用の最低条件は安定して収入を得ていること。そう考えると専業主婦がキャッシングをすることはできないように感じてしまいますね。でも、実際は専業主婦でも借入することは可能なんです。
専業主婦の方がクレジットカードの審査に通りカード発行できるように、無職でもキャッシングをする方法はあります。法律による縛りで借入の難しい専業主婦のキャッシングについて、まずは消費者金融と銀行のどちらで借入が可能なのかを見ていきましょう。

専業主婦が即日キャッシングするなら銀行?消費者金融?

専業主婦が即日キャッシングをするなら、借入先は間違いなく銀行カードローンです。消費者金融は貸金業法という法律で貸金業の営業をしており、この法律の中で専業主婦のキャッシングはできないような規制がかかってしまっているからです。
その点銀行は銀行法という法律で運営される貸金業者なので、専業主婦に対する縛りはありません。ただ、審査通過がしにくいというところがネックになるところです。

専業主婦が即日でキャッシングをしたいなら即日融資対応の専業主婦OKな銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。ここで大切なのは『専業主婦OK!』『専業主婦専用』というような謳い文句。専業主婦への融資を大々的に行っています!という宣伝がされているキャシング先は無収入である専業主婦の借入にも積極的に審査を行ってくれるからです。
今では無収入の専業主婦でもお金を借りれる時代です。必要なときに必要なだけ素早くキャッシングできると、家計を預かる身としてはとても助かりますよね。それではここからは何故無収入・無職の専業主婦が消費者金融でお金を借りれないのかを見ていきましょう。

なぜ無職だと消費者金融から借入できないのか
そもそも消費者金融の場合は、総量規制という制度のために個人にお金を貸すときの制限が定められています。これは「個人(20〜69歳)にお金を貸す場合には年収の1/3以下にする(配偶者がいて共働きなら併せた年収の1/3以下)というものです。更に付け加えると、個人の借入している総額にかかる制度なので、数社から借りている場合はその合計額が年収の1/3以下である必要がある訳です。この制度は貸金業者が対象となっています。貸金業者とは「消費者金融/クレジット会社のクレジットカードキャッシング枠/信販会社」です。無職であれば当然どこからも収入が無い訳ですから申込み自体が意味のないものになります。しかし銀行での借入は消費者金融と勝手が異なります。

無職の専業主婦でも銀行カードローンなら借入できるのか
専業主婦の人はやはり借入することは簡単ではないといえます。その理由は「収入が無い」ということに尽きます。もともと銀行は消費者金融よりも借入審査のハードルが高めです。総量規制の対象外なので銀行カードローンの利用は可能と言えますが、収入が無いということは返済の見込みが立たないということになりますよね。そうなると、残念ながら申込みはできても審査に通ることはありません。
ただ、現在では専業主婦に向けたキャッシング商品が用意されている銀行カードローンも存在します。銀行カードローンは貸金業法運営ではなく銀行法運営なので、年収の縛りがあるわけではありません。そのため、旦那さんの収入が安定しており信用がある場合には専業主婦でもキャッシングをすることが可能です。
専業主婦がキャッシングする場合には限度額が低めに設定しているところが多いので、あまり大きな額は借りれないと思っていてください。

専業主婦が消費者金融でキャッシングをする方法

専業主婦の方も仕事に就いていなければ収入が無い訳ですから、借入をするのは難しいと言えます。しかし、難しいというだけで専業主婦でも借入は可能です。実は銀行カードローンでのキャッシングだけでなく、専業主婦は消費者金融で借入することも可能となっています。消費者金融で借りるにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

消費者金融には前述した総量規制という制度があり、借入は出来ないと思われるかもしれませんが、総量規制には「例外」というものが存在します。「配偶者貸付制度」というものです。この制度を利用すると、配偶者のどちらか一方が働いていて収入があり、配偶者貸付に同意してくれれば借入が可能になります。ただ実際に借入するためには同意の証明や、収入の証明など決められた書類の提出が必要です。そしてもう一点、残念なことに配偶者貸付制度を実際に利用できる消費者金融が少ないことが分かっています。大手の消費者金融はほとんどがこの制度を活用していません。せっかくの制度ですが実情としては利用されていないに等しいと言えそうです。

主婦のキャッシングを成功させるには

あなたが専業主婦であるなら、まず仕事に就くことが必要です。どの消費者金融も銀行も審査基準に「安定した収入」を挙げています。勤続年数も長い方がもちろん有利ですから、出来れば1年以上は辞めずに仕事を続けることも大事です。焦ってお金を借りようと思うと「無職や収入が無くても即日融資出来ます」といった怪しげなところにまで目を向けてしまいかねません。あまり好ましい表現ではありませんが、返済の見込みの無い人に「即日融資する」というのは闇金融の可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。自分を守るためにも、そうしたところからの借入はしないようにご注意下さい!

専業主婦の方は、家事に従事して忙しく過ごされていることが多いのではないでしょうか。お子様がいれば尚更忙しく、家計を預かるのは大変かと思います。こちらも各家庭の事情は様々かと思いますが少なくとも借入の方法はありますので、よく条件を確認した上で検討して欲しいと思います。