リボ払いは借り換えをしないと永久に終わらない

リボル払いは計画的に利用することで初めて利便性の生まれるサービスです。しかし、リボ払いが終わらない無間地獄に陥ってしまった場合は、リボ払いを銀行のカードローンに借り換えするのをおすすめします。

リボ払いとは?仕組みについて解説

リボ払いはクレジットカードの分割支払いの方法の1つです。金利は安いとは言えませんが、毎月定額の支払いで済むことから月々の返済負担を減らすことが可能です。しかし、利用金額や利用回数にかかわらず、毎月決まった金額を支払っておけばよいという支払方法に落とし穴があります。

リボ払いはリボ専用のクレジットカードで支払いをするか、商品の一括購入の後に支払い方法を変更して利用します。

急な出費があった時やどうしても欲しいものがある時に便利ですが、使いすぎると金利が膨らんで、リボ地獄に落ちます。

リボ払いの恐いところは、知らないうちに毎月何十万円もの返済をしなくてはならない状況になってしまところです。

リボ払いを選択すると、ポイントが貯まってお得に感じてしまいます。しかしせっかく一括払いで支払ったのに、リボ払いのせいで実質年率にすると15%程度の金利になります。10万円の買い物をリボ払いにしただけで、毎月1万円の利子が上乗せされます。

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いのメリットは、毎月の返済負担が少ないことにあります。しかし毎月の支払いが一定だとしても、使いすぎれば返済額が膨らんでいきます。

リボ払いのデメリットは、クレジットカードの分割払いとの違いを理解することでわかります。

通常の分割支払いは、購入代金と分割手数料の合計を毎月均等に割って支払います。

例えば10万円の商品を5回分割で支払う場合、月々2万円と分割手数料がかかるということです。分割手数料はひとつの商品を購入するごとに掛かってきます。

しかしリボ払いの場合は、計算方法が異なります。

リボ払いの返済額は、1度設定した金額から増えることはありません。ただし利用額の総計に金利がかかるのが恐ろしいところです。リボ払いで買い物をするたびに借金が増え、返済期間も延びます。

リボ払いで20万円の買い物をして、月々1万円の返済をしていくとします。すると、最終的にはクレジットカードの分割払いより3万円以上多く支払うことになります。

リボ払いは低金利の銀行カードローンに借り換えをする

結論から言うとリボ払いは銀行のカードローンに借り換えしたほうが良いと断言します。なぜなら、銀行のカードローンに借り換えした方が圧倒的に金利の支払額がさがるからです。

金利が下がるということは、毎月の返済額を元本に回すことができますので、早い段階でリボ地獄から抜け出すことができます。

また複数のクレジットカードでリボ払いを利用している場合も、銀行カードローンで債務を一本化することができます。

バラバラだった返済日がまとまるだけでも心が楽になりますし、銀行口座の残高を気にする回数も減ります。元本が減ることによってやる気もわいてきますし、返済計画が立てやすくなるのもメリットです。

リボ払いをしていたカード会社に対して、一括返済をするのは手間のように感じますが、リボの借り換えにデメリットは一つもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ