MENU

即日で借りれる総量規制を気にしないでいところはどこ?

「総量規制」という制度をご存知でしょうか?恐らくこれまでに借入をしたことがある方、または借入を考えたことのある方はご存知かと思います。すでに借入をしていて総量規制が気になる、でもどうしても今日中にお金が必要になってしまった…という人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときはどうすれば良いのかお悩みの方に、総量規制に関する内容を含めて借入が可能かどうかについて触れていきたいと思います。

総量規制を気にせず即日キャッシングできるのは

総量規制は現在借金を抱えている方だけの問題ではありません。社会人として働いている方だと総量規制を気にするのは現在借入を行っている方に限られると思いますが、学生でアルバイトをしている方だと年収80万円だったりもするので、この年収だと24万円までの借入しか出来ない計算になります。
卒業旅行で50万円必要なのに。。。というときには総量規制のせいで消費者金融で借りれないなんてこともありますね。
総量規制を気にしないでお金を借りるのであれば、貸金業法で金融業の内容を縛られている消費者金融での借入ではなく、銀行法運営の銀行カードローンがおすすめです。

総量規制の抜け道、知ってますか?

総量規制があるせいで借りれない。総量規制がなければ楽なのに。
そんな風に思うときってありますよね。しかし、総量規制という制度は悪ではありません。総量規制は借りすぎによる自殺者の軽減や生活苦に苦しまないようにできた制度だからです。
その為、総量規制のせいで命に関わる問題が出てきたり、理不尽に借入ができない場合には総量規制の脇組みから外れて借入ができる場合があります。そんな総量規制の基本的なルールや抜け道についてみてみましょう。

総量規制は貸金業者にかかる制度
総量規制とは簡単に言うと「貸金業者からは年収の1/3以下までしか借入ができない」というルールのこと。配偶者がいる場合は併せた年収の1/3以下になります。これは個人向けの貸付に関して調査した結果、年収の1/3を超える借入は返済が難しい場合が多く、返済能力を超えた貸付として禁止されたものです(売却可能な資産がある場合など、一部の例外や除外があります)。この制度の対象となるのは「貸金業者」。貸金業者とは「消費者金融、クレジット会社のキャッシング枠、信販会社」のことを指します。

銀行は総量規制対象外
銀行は「銀行法」があるため貸金業者には入りません。ですから銀行は総量規制の対象外ということになりますね。そのため総量規制が気になっている人でも借入できる可能性があるということです。仮に、総量規制が気になるくらいの借入があるとすると、消費者金融での借入は難しいと言えるでしょう。なぜなら「貸金業者」と定義されているところからの借入総額が総量規制の対象になるからです。借りることができたとしても少ない金額になる可能性が高いと言えます。そこを踏まえて銀行カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンでのキャッシングについて

なんと言っても消費者金融に比べて銀行カードローンは低金利というのが1番のメリットと言えますね。また、総量規制対象外で年収の1/3以上の借入も場合によっては可能です。「銀行で借りるのは審査が厳しくて難しいのでは…」とためらう方もいるかもしれません。確かに、消費者金融に比べれば審査は厳しいと言えるかもしれませんが、初めから除外するのはもったいないことです。銀行カードローンは主婦の方でも借入出来る場合がありますし、現在借入があったとしても申込みをしてみなければ分かりませんよね?例えば、現在の借入に対してこれまできちんと返済をしている実績があり、毎月安定した収入があれば銀行カードローンの審査に有利に働く場合もあります。また銀行によって審査基準も様々ですから、ある銀行が駄目でも他の銀行なら審査に通ることも考えられるのです。

総量規制が心配ならおまとめローンを活用

キャッシングやカードローンにもいろいろありますが、総量規制が気になり借入に悩んでいるのなら「おまとめローン」という方法を検討してみてはどうでしょうか。

上にもあるとおり、おまとめローンは物を買ったりするためのローンではなく、お金を返す為のローンですので通常のカードローンやキャッシングとは条件が少々異なります。また、おまとめを嫌がる銀行や消費者金融もある為、どこがおまとめローンに積極的なのか知っておく必要もあります。おまとめローンのメリットとデメリットを簡単にまとめると以下のようになります。
おまとめローンのメリット
「おまとめ」という名前の通り、現在ある複数の借入金額を一カ所の銀行などから借りてまず返済し、これまで複数だった借入先を一本化するというもの。銀行、信用金庫、労働金庫などでおまとめローンをすると、複数の消費者金融へそれぞれ金利を払いながら返済していたときより低金利になり今後の返済は楽になりますよね。また、バラバラだった返済日が1回になるので金額の把握も容易で管理しやすいと言えるでしょう。加えて挙げられるのは、おまとめ先の他のサービスを利用することで、金利が更に安くなるなどのオプションともいえるようなメリットが受けられる可能性があることです。このメリットに関しては審査条件が様々なのと同じように借入したところによって違いがありますが、例えばお給料の振込先にしたり公共料金の引落し先にしたりインターネットバンキングを利用するといったもの。詳細は利用を検討しようと思った金融機関に確認してみて下さいね。

おまとめローンのデメリット
なんにでもメリットがあればデメリットがあるものです。どんな見方をするかにもよりますが、メリットの中で触れたオプションとも言えるサービスを利用するには、その銀行に口座を持っている必要があります。口座が無ければ作る必要がありますし、他の金融機関からも借入したいとなればその銀行にも口座を作る事になります。結局数カ所から借入することになれば、低金利とは言っても金利は数カ所から発生しますし、先に触れた一本化というメリットにはなりません。また、ネットで申込みをすることが条件とされているところも多くあり、逆に言うとネットから口座開設や申込みをしないと審査に時間がかかることが多いと言えるのです。その他に挙げるなら、支払い方法が限られている場合が多いこととATMの利用で手数料が発生する場合があることなどでしょう。

総量規制が気になる方はおまとめローンを検討してみましょう!

総量規制とその対象外である銀行カードローンについてご紹介してきました。「即日」という意味では消費者金融の方が銀行より速いとは言えますが、総量規制が気になるなら「おまとめローン」という選択肢もあるということです。審査の時間を速くしたい場合はネットからの申込みが良いこと、すでに口座があり利用期間が長ければ口座開設の手間も省け、取引実績もあるのでなお良いと言えます。先にお伝えしたようにデメリットもありますが、自身の借入がどれくらいでどう返済していけば良いのかを容易に把握できるのは、借入のし過ぎを抑え管理するためにも有効な手段だと言えますよね。いろいろな条件はありますが、先のことを考えてどちらが自分のために良いのか考えていただくきっかけになればと思います。
おまとめローンを行える銀行カードローンについて
http://freenetworkfoundation.org/entry16.html