MENU

学生が今日中にお金を借りるにはどうすればいいの?

サークル活動にバイト先の付き合い。
友達との遊びに卒業旅行。
学生でもお金を使う機会はいくらでもあります。奨学金を借りたりバイトをしたりでお金を工面していてもどうしてもお金が足りなくてキャッシングしたいなぁ。 なんて思うときもあると思います。
そんなすぐにお金を用意したい学生の為に即日で学生でも借りれるキャッシング先をまとめました。即日でキャッシングする方法や学生ならではのキャッシングをするときの悩みの解消法なども紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

今日中に借入するのにおすすめな消費者金融ベスト3

学生におすすめなキャッシング先としてまず挙げられるのが消費者金融。金利の低い銀行カードローンの方が良いなと思うかもしれませんが、銀行カードローンは学生に利用してもらう為に金利を低くしているわけではありません。利息で利益を出しているからこそ、回収し損ねる可能性の大きい学生にはなるべく貸付を行いたくないと言うのがホンネです。むやみやたらに銀行カードローンに審査申し込みを
すると申し込みブラックになって消費者金融からもお金を借りることができなくなるかもしれません。あなたの信用をなくさないように、消費者金融で無難に審査通過。借入をして信用を積み重ねたほうが今後の為になります。
そんな学生の即日キャッシングにおすすめな消費者金融はこの3つ!

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

 

初回借入なら30日間無利息!!
ジャパンネット銀行・三井住友銀行の銀行口座を持っているなら土日平日関わらず22:00までに審査回答!
※審査回答後最短10秒で振込みします。
プロミスか三井住友銀行のATMでローンカードを発行する借り方なら22時までカードを受け取りその場でキャッシングが可能
学生OK!!
金利 最高限度額 学生おすすめ度
4.5%〜17.8% 500万円

アコム

 

初回借入なら30日間無利息!!
webで審査申し込みを済ませてむじん君又は店舗でのカード発行なら営業時間内いつでも即日融資!
楽天銀行の銀行口座を持っていれば銀行の営業時間を過ぎていても即日融資可能!
※審査回答後最短1分で振込みします。
学生OK!!
金利 最高限度額 学生おすすめ度
3.0%〜18.0% 800万円

学生キャッシングの審査ポイント

社会的に弱い立場である学生といえど、キャッシングの審査では社会人と同じ審査基準で審査が行われます。そんな学生のキャッシング審査でのポイントは5点。
・安定した収入がある
・希望限度額の設定を間違えない
・現在の他社借入の虚偽申告をしない
・申し込み事項の記載ミスをしない
・割賦払い又はクレジットカード未払いの履歴がない
これらのことに注意していれば学生の即日キャッシングの審査も怖くはありません。消費者金融や銀行カードローンはサラ金や街金とは違います。審査通過をし、キャッシングした後に脅しのような取立てなんかありませんし、うまく活用できれば生活を豊かにする為の手段としてとても有効なものです。しかし、審査時点で何らかのミスやへまをしてしまうと社会的な信用を失うこともあります。今後で信用が低いことによる損をしないためにも、審査を受けるポイントを見ておきましょう。

安定した収入がある
学生がキャッシング審査に通過するにはアルバイト等で安定した収入を得ている必要があります。キャッシング審査における収入は単発での稼ぎよりも安定して月々に入る収入を重視するので、職業形態も派遣登録のアルバイトより安定して勤続できる形態のアルバイトの方が審査通過の対象として見られやすい傾向にあります。学生キャッシングで注意したいのはテスト期間の収入が下がること。年収100万円前後の稼ぎがあるならよほど大丈夫ですが、3万円稼げる月と無収入の月がある等、不安定な収入を得ている方は注意が必要です。
※親からの仕送りはキャッシング審査時には収入として認められません。また、奨学金も収入として認められないので注意してください。

希望限度額の設定を間違えない
キャッシングの限度額はあなたの現段階での社会的信用と属性を総合的に判断して設定されます。例えばあなたが年間50万円の収入があったとして、希望限度額を100万円で審査申し込みをしたとすると、審査に通る可能性はありません。10万円必要なときに余裕を見て15万円の限度額を申請するくらいなら大丈夫ですが、希望限度額は必要最低限の額に設定するようにしましょう。
また、消費者金融で借りるときには総量規制という規制があります。この規制があるため、あなたのバイトの年収の1/3までしかキャッシングをすることができませんので、注意してくださいね。

現在の他社借入の虚偽申告
学生でも、既に他社でのキャッシング経験をしている場合がありますよね。キャッシングの利用情報は個人信用情報機関という機関に全て登録されています。その為、現在借入がある方はキャッシングの利用事実がどこの貸金業者にも筒抜けになっているので、審査時に虚偽の申請をすることは絶対に止めてください。虚偽がばれれば確実に審査に通ることはありません。また、年齢を偽ったり住所を偽る行為も審査通過の可能性を潰すことになります。本人確認・在籍確認も必ず通らなければいけない道ですので、虚偽申告は絶対に止めてくださいね。
※学生なのに社会人として審査を受けたり、年齢・住所を偽ってお金を借りる行為は詐欺罪にあたります。大学生は少年法で守られませんので、最悪の場合10年以下の懲役と詐欺によって得た(借りたお金)を追徴されるので、周囲にキャッシングの事実がばれるばかりか、就職口までなくしてしまう恐れがあります。

申し込み事項の記載ミス
意図的でなくとも申し込み事項の記載ミスをすることはあります。しかし、例えば住所の番地や電話番号の記載ミスをしたとすると、それは虚偽申告という判断を取られることもあり得ます。申し込みの際は記載ミスのないよう注意してください。
また、記入事項の項目ミスが多数あった場合、あなたはしっかりと確認しない適当な人という判断を下される場合もあります。審査は属性や信用のスコアリングで行われるものですが、審査を行う人の心象次第で審査落ちすることも十分にありますので、申し込みの記入ミスはないようにしてください。

割賦払い又はクレジットカード未払いの履歴がある
今では携帯電話の代金を月々の利用料金にプラスして支払いするのが主流の購入方法ですよね。携帯電話に限らず、割賦支払いの方法キャッシングと同じって知っていますか?また、クレジットカードのショッピング枠を使った買い物もお金を借りて買い物をしたことになるので、ざっくり分類したらキャッシングと同様です。そんな割賦払いの未払いやクレジットカードの未払いは返済遅延という形であなたの信用情報に記載されてしまう可能性があります。現在未払い金があるならすぐに支払いを済ませてください。3ヶ月を超える未払いに対しては信用情報機関に返済遅延の異動情報登録(いわゆるブラックリスト記載)をされてしまいます。

学生キャッシングの限度額について

消費者金融や銀行カードローンでのキャッシングに学生も社会人もありません。どちらも貸金業法が定める総量規制の裁量に則って限度額が決定します。ということは、学生でもアルバイトや起業などでお金を沢山稼いでいれば多くの額を借りることが可能だということです。あなたのアルバイトの年収が60万円なら限度額20万円までの借入が。年収が120万円なら限度額40万円までの借入が。年収が240万円なら80万円までの借入が可能になるということです。
総量規制は貸金業者からの借入があなたの年収の1/3を超えないようにするための規制規則です。消費者金融でのキャッシングを考えているなら限度額はあなたの年収の1/3を超えることはないということを覚えておいてください。

ただ、銀行カードローンでの借入には総量規制はかかりません。銀行カードローンは銀行法での運営なので、貸金業法に定められている総量規制の範疇内にいないからです。その為、仮に銀行カードローンでのキャッシングが成功して、審査に通りさえすればあなたの年収と同じ額の限度額に設定してキャッシングすることも可能なのです。ですが、銀行カードローンのキャッシング審査は消費者金融とは比べ物にならないくらい厳しいものとなっています。ダメもとで申し込みをして、審査に通れば儲けものですが、審査通過したとしても高額な限度額が設定できることはないでしょう。学生はどこまでいっても学生です。分をわきまえた限度額設定を心がけましょう。
※銀行カードローンは借りる銀行によっては学生がキャッシングをするのに最大限度額を低く設定しているところもあります。審査申し込みをする前に限度額を確認擦るようにしましょう。

学生が銀行カードローンでお金を借りるには

学生でも銀行カードローンでキャッシングを行うことはできます。
一般的に保護者の監督下にある学生は信用情報が低すぎるということはありません。しかし、学生は社会的に信用の低い立場にいると言うのは代わりありませんので、キャッシングを行うにしてもいくらかの制約を受ける場合があります。
学生キャッシングの制約で考えうる条件として挙げられるのは
・年齢
・収入
・保護者の同意
・借入先
などが考えられます。

銀行カードローンでの学生キャッシングでネックになるのは、銀行カードローンが貸金業者の中でも特に審査通過難易度が高いことです。銀行カードローンで借入ができるかどうかを気にしているあなたは銀行カードローンがカードローン業界の中で最も審査通過が難しいことはご存知でしょう。銀行は消費者金融以上に信用・属性をしっかりと判断するので、キャッシングをするならあなたの状態を把握した上で申し込みをしたほうが良いといえます。とはいえ今まで真面目に勉強をし、アルバイトをし、割賦支払いを滞りなくこなしている方は銀行カードローンでキャッシングできる可能性は十分にあります。何も問題ないと判断できるなら学生でもキャッシング可能な銀行カードローンを探して、あなたの求める条件に合った銀行カードローンを選ぶだけです。


キャッシング審査における注意点でお伝えしたことは、銀行カードローンでキャッシングをするなら必ず押さえておきたいポイントです。このポイントを押さえることができない方は銀行カードローンで申し込みをしても審査通過は望み薄となってしまうので、無難に消費者金融でキャッシング氏他方が良いといえます。ですが、学生ならではの理由で審査に通らない可能性があるので、ここでは追加の情報としてお伝えしておきますね。
学生ならではの理由とは、「留年」をしていると言う点です。
この情報は信用情報によって把握することはできませんが、あなたが23歳で学生という立場にいたら留年もしくは浪人したことが一目瞭然です。キャッシング審査における審査項目には記載されていませんが、審査時には印象による信用というものが存在します。読めないような汚い字で誤字だらけの申し込み書を提出する人のことを簡単に信用する人はいませんよね。留年はあなたが勉学に真面目に取り組まなかったことを顕著に表してしまう評価軸となってしまう可能性があります。審査項目をかろうじて通過していたとしても印象評価によって審査通過できなかった例はいくつも存在します。審査の厳しい銀行カードローンならなおさらです。

留年をしていてダメもとで銀行カードローンでの審査を受けることもできますが、学生キャッシングを確実に成功させたいなら消費者金融でのキャッシングが無難でしょう。

学生がキャッシングする方法

結論から言うと学生でも借入は可能です。もちろんお金を借りる訳ですから、審査もありますし条件もあります。
特に学生は例えアルバイトをしていたとしても、起業してお金を稼いでいたとしても社会的な信用が社会人を超えることはほぼありません。

学生である自分が今どんな状況にあり、どの程度のキャッシングならできるのかを把握してキャッシングをするようにしましょう。

学生が借入するための条件とは

学生でもアルバイトをして安定した収入を得ていることと、20歳になっていることは必須条件です。もともと消費者金融や銀行からお金を借りるためには、学生かどうかは別にしても20歳以上でなければならないということが定められています。他にも各業者の定める条件をクリアしていなければ借入は難しいでしょう。
申込みに際してはアルバイト先への在籍確認があります。また本人を証明する公的な書類が必要です。学生証は公的書類には当たらないので、免許証や住民票を準備しておくと良いでしょう。また申込みのときに嘘の申告は厳禁です!自身の信用情報に残るため後々の借入にも影響してきます。

学生が借入できる業者について

借入のための条件を満たしていれば、消費者金融と銀行のどちらにも申込みは可能です。ですが、銀行カードローンに関しては社会人でも就業形態によっては審査を通るのが難しいくらいなので、学生となると更にハードルは高いと言えるでしょう。消費者金融の方が銀行よりも審査に通る確率は高いと思います。ただし、消費者金融には総量規制がありますので、年収の1/3以下の借入しかできません。借入出来たとしても希望する金額になるとは限らないということです。銀行は総量規制の対象外ですが前述したように審査のハードルが高いので借入できる可能性は低いということです。

家族やバイト先にバレないで借りる方法は?


何かしら事情があって借りたお金について知られたくないと思うのは当然の心理だと思います。まずどこから借入出来たとしても学校やアルバイト先に知られることはありません。知られる確率が高いのは実家です。学生という事で万が一のために実家の連絡先も契約時に伝えているからです。離れて暮らしている場合は書類などの郵送物は自分のところに届くようにしておけば問題ありません。郵送物を送付しないようにすることも可能ですし、すべてネットで管理すれば郵送物についての心配はなくなりますね。一緒に暮らしている場合は、ATMを利用する際のカードを見られてしまう可能性がありますので、きちんと管理しておきましょう。一点だけどうしても避けられないことがあります。それは返済が遅れたり滞ったりしてしまった場合です。このときには必ず実家に連絡が入ります。知られたくないと思うなら、きちんとした返済計画を立てた上で借入をすることが大切です。

お金をかりるなら学生ローンという方法も

学生のキャッシングに限度額や借入先、審査通過など様々な制約が付いてしまうのは分かりましたね。でも、消費者金融や銀行から借りるしか学生がキャッシングをする方法がないというわけではないんです。学生には学生ローンという学生を対象とした専門のローンがあります。
学生専門というくらいですから消費者金融や銀行と違って審査に通る可能性は高いと言えます。条件があることについては業者と変わりはありません。アルバイトで安定した収入があることは必須条件です。学生だと仕送りを受けているという人も多いかと思いますが、それは自身で働いて得た収入ではありませんので、安定した収入には当たりません。
金利は銀行と同じ程度ですから低めになっています。学生ローンはどこの業者で借入しても上限額は50万円と決まっており、少額の借入しかできないこと、借入枠がないことが特徴で、借りるたびに審査を受ける必要があります。また申込む際には本人確認の書類として、免許証、保険証、パスポート、学生証のいずれか2点を提出しなければなりませんので、あらかじめ準備しておきましょう。


学生でも必要な条件をクリアしていれば借入は可能ですが、どうしても必要なときに、必要な分だけ借りるようにすることをお勧めします。借りたお金は返さなければなりませんが、消費者金融から借入ができた場合は特に注意して欲しい点になります。借入枠が決まっているためその中で借りては返しという事を繰り返してしまう可能性があるからです。特に消費者金融は金利が高めですから、決められた金額だけ返済していってもなかなか返しきれません。あくまでも借りたお金であり、貯金を使うように利用するものではないということを忘れないで下さいね。