カードローンの借り換えは、消費者金融で借り入れをしている方や、リボ払いの返済が膨らんでしまった方におすすめです。

このページでは、他社借入を銀行のカードローンに借り換えをするメリットとデメリットや、おすすめできる借り換え先をまとめました。

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとは、現在利用している消費者金融やショッピングリボを、別の銀行カードローンに借り換えることを指します。

似たような言葉におまとめローンや、借金の一本化がありますが、厳密に言えば別の意味を指します。

おまとめローンは、複数社借入が膨らんで多重債務状態にある負債を、1か所の金融機関に一本化することです。

ですからカードローンの借り換えは、消費者金融を銀行カードローンに変更するという意味ですから、おまとめローンとは異なります。

カードローンを借り換えするとどんなメリットがあるの?

カードローンを借り換えすることで生じる最大のメリットは、利息が下がることです。消費者金融に比べて銀行カードローンの金利はかなり低いですから、総支払額を抑えることができます。

さらに月々の返済額を少なくできるのもメリットです。月々の最低返済額は、消費者金融と銀行カードローンでは異なります。月々の最低返済額が少ない銀行を選べば、毎月の返済負担を軽くすることができます。

カードローン会社によって異なるのは最低返済額だけではありません。多くの消費者金融は元金定額方式を採用しています。これを元利定額方式の銀行カードローンに変更すると、毎月の返済額が変動しなくなります。

毎月の返済額を抑えると、随時返済をおこなう余裕が出来ます。随時返済は元本を減らすのに有効ですので、カードローンの借り換えをするメリットとも言えます。

借り換えによって生じるデメリット

カードローンの借り換えの審査に申し込んだことは、現在返済している消費者金融に知られることはありません。もちろん借り換えの審査をしたからと言って、消費者金融から一括返済を求められることもありませんのでご安心ください。

しかし、カードローンの借り換えにもデメリットがあります。それは新しいカードローンを契約する為の審査が必要になることです。

カードローンを借り換えする場合にも審査が必要です。万一審査に落ちてしまうと、審査落ちした情報はCICなどの信用情報機関に登録されてしまいます。

審査落ちした履歴は6か月間掲載されますので、この期間は新規でお金を借りられなくなります。

借り換えの審査基準は、大手メガバンクのカードローンなのか、ネット銀行なのかによっても異なりますし、審査難易度も異なります。

ですから、出来る限り審査落ちしない借り換え先を選ぶ必要があります。

また、場合によっては返済総額が増える可能性があるのもデメリットと言えます。毎月の返済額を抑えるあまり、返済回数が長くなりすぎると、その分利息が増えます。

結果的に返済総額が増えないように、借り換えは計画的に行う必要があります。

カードローンの借り換え先を選ぶうえでの注意点

カードローンの借り換え先を決定するうえでチェックしたいポイントについてです。まず、現在借入している消費者金融よりも低金利なことは絶対条件です。

借入残高にもよりますが、消費者金融を利用している方であれば、現在の金利が18.0%という方がほとんどでしょう。なかには20%とい方もいらっしゃいます。

金利がほとんど変わらない所に借り換えをしても意味はありませんので、必然的に借り換え先は銀行のカードローンになります。

銀行カードローンであれば、少なくとも金利は14.5%まで下がります。

よほどの高額融資を受けない限り、最低金利が適用されることはありませんので、最高金利を参考にして計画を立てます。

次に、毎月の返済負担がどれほど軽くなるのか調べる必要があります。月々の返済額がいくらになるのかを調べるには、銀行カードローン各社が用意している返済シミュレーションのページが役立ちます。

返済シミュレーションを利用して理想的な返済額を計算します。月々の返済額が少ないに越したことはありませんが、返済回数をあまりに伸ばし過ぎると、今度は利息が増えてしまいます。

しかし、返済額を極限まで落として、計画的に随時返済をしていくのであれば、支払回数を長く設定しておくのもおすすめです。

総量規制にかかって借り換えの審査に通らない場合はあるの?

カードローンの借り換え審査に申し込む前に知っておかなければならないのが総量規制です。

総量規制とは、貸金業法が適用される消費者金融などに関係する法律です。簡単に言えば、年収の3分の1を超えてお金を借りることができないという法律です。

例えば、年収300万円の人が消費者金融で借りれるお金の限度額は100万円までです。つまり、既に100万円借りている方は、新規で100万円の借入をすることができませんので、消費者金融で借り換えの審査を申し込んだとしても、審査に通らないことになります。

総量規制に引っ掛かりそうな方は消費者金融ではなく銀行のカードローンに申し込む必要があります。

銀行のカードローンであれば貸金業法は関係ありませんので、年収の3分の1を超える額でも審査に申し込めます。

しかし、銀行によっては借り換えの審査自体を受け付けていないカードローンもあります。それを知らずに申し込んでしまうと、何も非がないのに審査に落とされて、信用情報に余計な傷が付いてしまいます。

ですから、借り換えに積極的な銀行カードローンを選ぶ必要があります。

カードローンの借り換えが可能な銀行一覧

カードローンの借り換えにおすすめできる銀行を一覧にしました。銀行のカードローンは即日融資に対応していない為、審査に時間を要します。

お急ぎの方は契約までに余裕をもって検討されるのをおすすめします。

楽天銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行は借り換えに積極的な銀行カードローンのうちの一つです。月々の最低返済額が2,000円からで、100万円以内の場合も15,000円です。

最高金利は14.5%と、銀行カードローンとしては平均的な金利ですが、借入額によっては適用金利がかなり下がります。

ネット銀行ですので即日融資には対応していませんが、最短翌日の融資が可能です。

入会するだけで楽天スーパーポイントが1000ポイント付与され、金利が30%オフになるキャンペーンなどを積極的に行っています。

提携金融機関やコンビニATMが多く、とても使いやすいのも魅力です。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行借り換えコース
じぶん銀行カードローンには2種類のサービスが用意されています。借り換えコースを選択することで、実質年率は1.7%〜12.5%が適用されます。
借入限度額は800万円と、借り換えには十分な金額です。

れっきとした銀行ですから、即日融資には対応していません。auユーザーの場合は、さらに金利が最大で年0.5%下がる優遇キャンペーンも実施しています。

月々の最低返済額も1,000円からと、借り換えに使いやすいカードローンです。

JCBカードローン「FAITH」


JCBが提供するFAITHは12.50%という低金利が魅力のカードローンです。借入限度額は500万円まであり、借り換えにも最適です。
ただし、借入額は50万円からとなる為、少額の借り換えには利用できません。

JCBのカードローンですので銀行ではありません。その為最短で即日融資が可能です。ただし、貸金業法が適用されますので総量規制を超えての借入はできませんのでご注意ください。

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローンは、三井住友銀行が提供するカードローンです。実質年率は3.5%~15.0%で、資金使途は自由です。
限度額も700万円までありますから借り換えにもお勧めできます。

返済期間が最長11年9ヵ月と長いのも特徴で、高額の借り換えにも対応しています。

返済実績に応じて適用利率が0.3%ずつ下がるのも特徴で、最大で1.2%も金利を引き下げることが可能です。

ゴールドローンカードレスを選択すれば、最高金利が14.4%まで下がります。

アーカイブ